ぷるもち肌になるための乾燥肌化粧水

ぷるもち肌になるための乾燥肌化粧水

乾燥は様々なお肌のトラブルを引き起こす原因の一つです。

 

特に、季節やストレスに左右されやすい女性のお肌をサポートするためにはスキンケアからの見直しが必要です。

 

当サイトでは、乾燥肌に効果のある化粧水をご紹介しています。

 

デリケートなお肌を守るためには本当に自分に合うものを見つけることが重要ですから、まずはトライアルセットで使用感を確かめてみるのも良いでしょう。

乾燥肌化粧水ランキング

ディセンシア アヤナス RC ローション

ディセンシア アヤナス RC ローション

乾燥肌はもちろん、敏感肌や年齢肌の方にもおすすめしたいのがこちらの化粧水です。

 

ナノセラミドをはじめとした贅沢な美容成分が角層の深部まですばやく浸透し、お肌に潤いをもたらします。

 

乱れたターンオーバーを正常に取り戻す効果もあり、肌本来の機能を高めてくれます。

 

本体価格 トライアルセットの価格 トライアルセットの量

4,860円

1,480円

約10日分

 

詳しくはコチラ

 

 

メディプラスオーダーズ メディプラスゲル

メディプラスオーダーズ メディプラスゲル

オールインワンタイプなので1本でスキンケアが完了する手軽さが魅力です。

 

ジェル状のテクスチャーがお肌をしっとりと仕上げます。

 

コラーゲンやプラセンタをはじめとして、この1本に62種類もの美容成分がたっぷりと配合されています。

 

本体価格 トライアルセットの価格 トライアルセットの量

3,996円

トライアルセットはなし

 

詳しくはコチラ

 

 

コーセープロビジョン 米肌 肌潤化粧水

コーセープロビジョン 米肌 肌潤化粧水

セラミドを作りだし、水分の保持をしてくれる話題の成分、「ライスパワーNo11」を配合しています。

 

少しとろみのある化粧水でがすーっと肌になじみ、ふっくらとキメの整ったお肌へ導いてくれます。

 

低刺激でお肌にやさしい化粧水となっています。

 

本体価格 トライアルセットの価格 トライアルセットの量

5,000円

1,500円

約14日分

 

詳しくはコチラ

 

 

オルビス アクアフォース ローション

オルビス アクアフォース ローション

リーズナブルな価格ながら、実績のある化粧水です。

 

肌表面を乾燥から守るだけだなく、肌の奥にしっかりと潤いを貯めこみます

 

さらりとしたテクスチャーなのに、しっかりと潤うのでべたつくのが苦手な方やインナードライ肌の方にもおすすめです。

 

本体価格 トライアルセットの価格 トライアルセットの量

1,496円

1,905円

約21日分

 

詳しくはコチラ

 

 

小林製薬 ヒフミド エッセンスローション

小林製薬 ヒフミド エッセンスローション

セラミドが水分を逃さずキャッチして、長時間潤いをキープしてくれます。

 

お肌にしっかりと潤いを与えることで、乾燥による小じわも目立たなくなります。

 

全成分を公開していますので、成分が気になる方も安心して使用できる化粧水となっています。

 

本体価格 トライアルセットの価格 トライアルセットの量

3,240円

980円

約10日分

 

詳しくはコチラ

 

 

ライスフォース 薬用保湿化粧水RF

ライスフォース 薬用保湿化粧水RF

品質の良さが認められてハワイのエステでも使用されるほどの化粧水です。

 

お米由来のライスパワーNo11が角質層までしっかり潤し、スッピン美肌へと導いてくれます。

 

多少値は張るものの、自宅でエステ級の効果が得られるのなら安い方とも言えるでしょう。

 

本体価格 トライアルセットの価格 トライアルセットの量

8,000円

900円

約10日分

 

詳しくはコチラ

 

 

ディセンシア つつむ ローションセラムE

ディセンシア つつむ ローションセラムE

こちらは敏感肌用の高保湿化粧水で、肌への浸透率がとても高くもっちりとしたお肌が実感できます。

 

美容液クラスの保湿成分を贅沢に配合した化粧水となっております。

 

トライアルセットではディセンシアシリーズのエイジングケアラインのサンプルも付いてくるので同時に試すことが可能です。

 

本体価格 トライアルセットの価格 トライアルセットの量

3,672円

1,470円

約14日分

 

詳しくはコチラ

 

 

乾燥肌化粧水の合う合わない、どう判断すればいいの?

基礎化粧品やメイク用品を選ぶとき、当然お肌に合うか合わないかというところは気になりますよね。乾燥肌や敏感肌の方は慎重に化粧品を選ぶだけに、その判断にも慎重になることでしょう。自分のお肌に合うかどうかは使ってみなければわかりませんが、使ってみたとしてどのように合う、合わないと判断するかはなかなか難しいところです。

 

使ってみてかぶれるなどの明らかな肌トラブルが起こった場合、その化粧品はお肌に合っていないと判断することができます。しかし、だからと言ってずっとその化粧品が使えないということではなく、その時の自分のお肌に合っていないということもあります。

 

その時の体調や、外部からの刺激でお肌が弱っている時、生理周期の関係など様々な要因でお肌の状態は変わります。化粧品ではなくそれらが原因だった場合は、肌トラブルが落ち着けば同じ化粧品でも問題なく使用できることもあります。肌トラブルが起こった時、まずは自分の体調や環境も含めて原因を探ってみることも必要です。最初は問題なく使えていたのに、トラブルが再発してしまった…という時にも同じことが言えます。

 

また、効果を感じないということで合わないと判断する場合もあります。しかし、効果を実感するまでにどのくらいの期間が必要か、ご存知でしょうか?大体の方が数週間から一ヶ月くらい様子を見るのではないかと思います。

 

または、サンプルを使用してみて判断するという方もいるでしょう。しかし、サンプルはあくまでパッチテストのようなものであり、効果を実感するには期間が明らかに不十分です。特に乾燥肌などで肌質改善を望んでいる場合、少なくとも3ヶ月は使ってみましょう。合わないからと次々に化粧品を変えると、かえってお肌の負担になってしまうこともあります。

 

 

乾燥肌対策に化粧水はいるのかどうか

大多数の乾燥肌の人は、スキンケア化粧品として化粧水を使っていると思います。しかし、乾燥肌改善には化粧水は必要ないという説もあるようです。では、実際化粧水を使っていない乾燥肌の人はどのようなスキンケア化粧品を使っているのでしょうか。またその効果はどうなのでしょうか。

 

化粧水を使っていないという乾燥肌の人のスキンケアですが、様々なパターンがあるようです。例を挙げると、馬油+乳液、ワセリンのみ、馬油+スクワランオイル、ホホバオイルのみ、オリーブオイルのみ、未精製シアバターのみ、セラミド入りジェルのみ、椿油のみ、乾燥肌だけどケアは一切しない、などがあるようです。

 

乾燥肌だけれど化粧水を使っていないという人に共通することは、できるだけ天然成分の保湿成分を使うようにしていることなのではないかと思います。そして、出来るだけシンプルなスキンケアをしているように思います。乾燥肌だからと言って、化粧水をしっかり肌に叩き込まなくても良いというのは、乾燥肌の人にとってはびっくるする事なのではないでしょうか。もちろん、化粧水を使う使わないには相性があります。使わなくても肌の乾燥が一時的に減ったけれど時間が経つとまた元に戻ってしまったというケースもあるのではないかと思います。なので、結局は自分で様々な方法を試してみないと、良いかどうかは分かりません。

 

秋冬になってくると、乾燥肌向けのスキンケア化粧品の特集は雑誌などで組まれる事も多くなります。けれど、それに振り回されてあれこれスキンケア化粧品を使うのもどうかと思います。肌への負担が少なくなるという事は乾燥肌の人にとっても良い事ではあるので、化粧水なしのスキンケアも試してみる価値はあるのではないかと思います。

 

 

参考サイト
http://www.hoshokyo.org/

 

今、一番おすすめしたい乾燥肌化粧水はコレ

おすすめはディセンシア アヤナス RC ローションです。

 

こちらは肌トラブルで敏感になっている方、年齢が気になっている等、様々な肌質に対応しているのが魅力的です。

 

乾燥を防ぐのと同時に、敏感肌や年齢肌をサポートします。

 

気軽に試しやすい価格のトライアルセットもご用意されておりますので、試してみる価値はありそうです。

 

詳しくはコチラ

 

更新履歴